学び続けるために工夫してみましょう


ホーム » ブログ記事 » スキルアップのヒント » 学び続けるために工夫してみましょう
スキルを身に付ける道は、単調です。
大きな変化もなく、刺激も少ないです。
このような地道なことを続けるのは簡単ではありません。

それでも続けることで、一気にレベルアップするタイミングがあります。

それは分かっていても、つい途中ではサボりたくなります。

実際、単調なことを続けるのが苦でない人は多くありません。

続けられないことで自分を責めるも良いことではありません。
かと言って、止めてしまえばレベルアップは出来ません。

それでは、どうやって頑張り続けましょうか?

そのための工夫のヒントは、人の目です。

同じスキルを学んでいる人がいれば、一緒に勉強する時間を作るのも良い方法です。

一緒に勉強する時間を決めて、約束するのです。

また、したことの報告を受け取ってくれる人を持つのも良い方法です。

ただ、したかどうかを報告するのです。
相手に求めるのは、ただ報告を受け取ってくれることです。
しなかったと報告しても、何もしてくれなくても良いです。
ただ、報告がない時には、報告がないことを注意してくれるように頼みましょう。

自分との約束は守るはず、と言われます。

確かに自分との約束を破ると、自責の念にかられ、苦しいものです。
ストイックなタイプの人はそれで続けられるかもしれません。

もちろん自分との約束が守れれば格好いいです。

しかし、多くの人にとっては、結構自分に甘いものです。

ところが、他人との約束を破るのは難しいものです。

格好悪いですし、信用を失う可能性があります。
この方が、よっぽど重たいのです。

どんな工夫でも構いません。

学び続ければスキルアップ出来ますし、止めれば成長しないのです。
どうしたら、続けることが出来るのか?

一人で頑張ることにとらわれなくても良いと思います。

自分が続けられる工夫をしてはいかがでしょうか?
どんな方法であろうと、続けることが大切なのですから。
The following two tabs change content below.

長尾 洋介

自ら現場に入って現場力強化を支援しています。 支援する中で、ビジネススキルのスキルアップにも関わることが多くあります。 支援の現場で気づいた、成果を出すためのビジネススキルの磨き方について辛口の情報を発信します。