2-5.レベル5:上級者~達人


ホーム » ブログ記事 » スキルアップのヒント » 2-5.レベル5:上級者~達人

このレベルになると圧倒的な差別化が可能です

スキルは試行錯誤を繰り返し、経験を積むことで磨かれていきます。
中級者のレベルを超えても磨き続ければ、成果が出る確率が高くなり、成果が出るまでのスピードも上がり、成果の質も高まります。
他者と圧倒的な差をつけることが出来ます。

このレベルだからこそ出来ることがあります

このレベルに達したからこそ出来ることがあります。
特殊なケースや、複雑で難しいケースでもスキルを使うことが出来ます。
そして、創意工夫を重た経験から、人に教えることも出来ます。
これらが可能になるのは、自ら現場で試行錯誤を積み重ねた経験があるからです。

スキルに完成はありませんが、はまり過ぎないことも大切です。

ビジネススキル以外の分野にも、一般には達人と言われる人がいます。
そのような人でも、まだ到達出来ていない先があると言います。
ビジネススキルも同じです。
まだ上があると思い、磨き続けるから、達人となり、達人でい続けられるのだと思います。
ただし、ビジネススキルは道具でしかありません。
スキルを磨くことが目的になってはいけません。
望む結果が得られていれば、スキルが維持出来るように磨き続けることで十分です。
もちろん、スキルを教えたり、活用することをビジネスにするならば、さらなる上を目指して磨き続けることも必要です。
スキルアップが楽しくなり、マニアックにはまり過ぎると、本来の目的を見失う可能性があります。
スキルを使って何をするかによって、どこまで磨き、どのレベルを目指すかを意識して決めることが大切です。
The following two tabs change content below.

長尾 洋介

自ら現場に入って現場力強化を支援しています。 支援する中で、ビジネススキルのスキルアップにも関わることが多くあります。 支援の現場で気づいた、成果を出すためのビジネススキルの磨き方について辛口の情報を発信します。