スキルアップに必要な経験の質を決める2つのこと


ホーム » ブログ記事 » スキルアップのヒント » スキルアップに必要な経験の質を決める2つのこと
スキルアップには経験の積み重ねが必要です。
効果的にスキルを身に付け、レベルアップするには、考慮に入れなくてはならない3つの要素があります。
(近日アップ)スキルアップに必要な経験の3つの視点
その一つが、経験の質です。
何かを学ぶ時、同じプログラムで学んでいても、その習熟度には人によって違います。
もちろん資質や、関係する要素を身に付けていたかどうかで違いがあります。
しかし、それは最初の頃だけです。
時間と共に、その差はなくなっていきます。
ところが、学び始めた頃は変わりなくても、後になるとレベルの上がり方に違いが出てきます。
レベルの上がり方に違いをもたらしたのは、経験の質なのです。
現実に経験のスキルを身に付ける上で一番重要なのは、経験の質なのです。
経験の質を決めるのは、以下の2つのことです。
一つ目は、集中力です。
二つ目は、振り返りです。

経験の質を決める集中力の差

スキルは成果を上げるために効果があるから価値があります。
つまり、スキルは変化を起こすのです。
スキルを身に付けるために必要な経験には2種類あります。
スキルアップに必要な2種類の経験
実践の場で集中力が高ければ、
・高い感度で多くの情報が収集する
・得た情報を早く分析する
・最善の選択する
・状況の変化を敏感に感じ取る
ことが出来ます。
練習の場面で集中力が高ければ、
・理解が進む
・記憶に残る
可能性が高くなります。
同じことを経験しても集中力が高いのと低いのとでは、得られるものが違うのです。

経験の質を決める振り返り

経験している時、目の前のことに集中しているものです。
真剣であったり、集中しているために見えないこと、気付けないこともあります。
後で、その場で起こったことを思い出します。
・状況
・状況判断
・自分の選択
・自分の行動
・行動による状況の変化
などです。
まず、
望ましい変化が起こせたのか?
について考えます。
その上で、
状況判断が正しかったのか?
自分の選択は最善だったのか?
上手く出来たのか?
などについて考えます。
判断や選択については、その場では気付けなかったことに気付けるかもしれません。
行動については上手く出来るように練習が必要な部分に気付くかもしれません。
経験は貴重ですが、経験しただけではレベルアップが実現出来ません。
振り返りも行うことで、経験の質は高まるのです。

その瞬間に集中して、後で冷静に振り返る

経験は、ただ積めば良いのではありません。
経験の質を高めるポイントは以下の2つです。
・経験する場面で集中することで、その時のベストを尽くす。
・後で冷静になった所で、経験を振り返り、経験から学びを得て、レベルアップの課題を見つける。
経験の質を高めることで、効率的にレベルアップを実現出来ます。
The following two tabs change content below.

長尾 洋介

自ら現場に入って現場力強化を支援しています。 支援する中で、ビジネススキルのスキルアップにも関わることが多くあります。 支援の現場で気づいた、成果を出すためのビジネススキルの磨き方について辛口の情報を発信します。