1-3.スキルアップは時間をかけ、努力する価値があります


ホーム » ブログ記事 » 姿勢・考え方・視点 » 1-3.スキルアップは時間をかけ、努力する価値があります

本当にスキルを使いこなせる人は少ないから価値があります

望む成果を得るために相応しいスキルは役に立ちます。
そして、スキルのレベルを上げれば、確率とスピードと質を上げることが出来ます。
しかし現実には、現場で成果が出せるレベルのスキルを身に付けている人は少ないです。
スキルを知ることは比較的簡単です。
ところが、現場で使い、成果を出すレベルまで身に付けるにはそれなりの努力を継続する必要があります。
知っていると使えるとの間の壁は高く厚いのです。
その壁を超えるのは難しいことではありません。
多くの人が、知って、少し使えたレベルで学びを止めてしまうだけです。
そこで止まらず、学び続ければ、誰でも現場で使えるまでスキルをレベルアップさせることが出来ます。
逆に考えれば、多くの人が実用レベルまで身に付けていないからこそ、他の人との差別化にもつながるのです。

ポータブルスキルとしての価値は大きいです

現在は、一生同じ会社で勤め続けることを前提にキャリアを考えることは難しい時代です。
同じ会社で勤め続けるとしても、担当する業務が変わることも想定しなくてはなりません。
会社で仕事を通して身に付けるノウハウなどは、その会社、その業務特有のものです。
会社が変わったり、違う業務を担当することになれば、役に立たないものが多いです。
しかし、ビジネススキルは汎用性があります。
会社が変わっても、担当業務が変わっても、そこで成果を出すための道具としてのビジネススキルは役に立ちます。
個人が身に付けたスキルは、その人のモノです。
環境が変わっても使えます。
このようなスキルのことをポータブルスキルと言います。
レベルの高いポータブルスキルを身に付けることは、将来のキャリアのためにも役に立つのです。

スキルアップは時間をかけ、努力する価値があります

高いレベルのスキルを身に付けることは、差別化に使え、将来のキャリア形成にも役に立ちます。
スキルアップには時間も継続的努力も必要ですが、取り組む価値のあるチャレンジなのです。
The following two tabs change content below.

長尾 洋介

自ら現場に入って現場力強化を支援しています。 支援する中で、ビジネススキルのスキルアップにも関わることが多くあります。 支援の現場で気づいた、成果を出すためのビジネススキルの磨き方について辛口の情報を発信します。