毎日の積み重ねは難しいから価値がある

毎日の積み重ねは難しいから価値がある

スキルアップのためには、継続して取り組むことが重要です。
スキルアップは、健康維持の体操などと似ています。

1日あたり、1回あたりにすることは、大したことではありません。
時間も大してかかりません。
いつでも、その気になれば作れる時間です。
この、いつでも出来る、というのが曲者です。

いつでも出来ることは、先送りにされやすいことでもあるのです。
しかも、毎日続けてもレベルアップしている実感はありません。

少なくとも、日々感じることはありません。
よけいに、今日はいいか、という気持ちになりやすいものです。
しかし継続したことの効果は確実に蓄積されています。

続けていれば必ず、明らかな効果が実感出来るだけの変化が現れます。
もし休むとそれまでに蓄積したものは減ります。
しばらく中断すると、取り組み始めの頃に戻っていきます。

続ける必要があることを頭で分かっていても、効果が実感出来ないことを毎日続けるのは簡単ではありません。

少し時間を作ったり、機会をみつけて実践で使ってみることは、
それだけを考えれば、大したことではありません。
いつでも、その気になれば出来そうなことです。

大したことでないからこそ、毎日続けることが難しいという一面もあります。
大したことでないことでも、もしかしたら大したことではないからこそ、
毎日続けるのは難しいのです。

しかし難しいからこそ、身に付けたスキルのレベルに価値があるのです。

大したことないことを、ほとんど効果が感じられなくても続けること。
簡単なようで難しいことが出来るかどうかがスキルアップの秘訣です。