人材育成

部下の失礼な言動の理由を考えよう【今週のチャレンジ】

【今週のチャレンジ】 部下の失礼な言動の理由を考えよう 【取り組み】 現場の管理職からよく聞くのは、 失礼な若手社員が多いことです。 失礼な言動をされると多くの人が怒りを感じます。 しかし、怒りをそのまま相手にぶつけても 部下の言動も根本的な考えも変わりません。 怒りをぶつけないために 相手の失礼な言動の理由を考えましょう。 ・失礼なことだと知っているか ・相手が失礼を承知で使っているか 知らなか […]

気を回し過ぎる部下の支援をしてみよう。【今週のチャレンジ】

【今日のチャレンジ】 気を回し過ぎる部下の支援をしてみよう。 【特徴】 気を回し過ぎる部下は汲み取っているつもりの相手の気持ちを汲み取る精度が低いのです、 【取り組み】 周囲の支えが必要です。行動するように励まし、行動した後の相手の反応から学ぶことを支援することが必要です。 【解説】 気を回し過ぎる部下は相手の気持ちを確かめために、相手の気持ちを読み取り、行動し、相手の反応を知る、という経験を積む […]

周囲の反発を買うスキルの使い方

ファシリテーションやコーチングなども ビジネスで有効なスキルです。 この2つは、滅私奉公、上意下達、精神論などが 通用しなくなっている時代に合った人材活用手法として 注目されているスキルです。 この2つに共通している期待出来る効果は、 関係者のやる気や知恵を引き出すことです。 この2つは、心理学と論理思考の組み合わせで出来ています。 言い換えると、頭と心と両方に働きかけます。 ところが、この2つの […]

注意喚起の効果について考えよう【今週のチャレンジ】

【今週のチャレンジ】 注意喚起の効果について考えよう 【考えよう】 駅のホームでのアナウンスを聞いていて思ったことがあります。 「ホームを歩きながらのスマートフォンの操作は大変危険です」 このアナウンスは最適なのでしょうか? 注意喚起された瞬間はそれなりに注意しますがいくら危険性を伝えても止める人は少ないというのが現実なのです。 と言うことは危険性を訴えてもあまり効果はないと言えます。 【解説】自 […]

どこまでお客様の要望に応えますか?【今週のチャレンジ】

【今週のチャレンジ】 どこまでお客様の要望に応えますか? 【取り組み】 数年前、海水浴場近くの商店街に水着のまま現れ砂のついた濡れた状態でお店に入り座席に座ったりする海水浴客がいるというニュースがありました。 さて、お客様の要望にはどこまで応えたら良いのでしょうか? この問いには唯一の正解はありません。 出来ればスタッフや社員と一緒に考えてみてください。  【解説】 正解がないからこそ話し合い、理 […]