今週のチャレンジ

定例業務を定期的に見直そう

【今週のチャレンジ】 定例業務を定期的に見直そう 【取り組み】 毎日、定期的にする業務は どんな仕事にもあるものです。 それは本当に必要な業務でしょうか? もっと効率的に 同じ効果を上げる方法はないのでしょうか? このように 業務の「棚卸し」をしてみることは、 意外に効果があります。 【解説】 定例業務はただ積み重ねただけでは 意味を持ちません。 活かすために一度しっかり時間をとって 見直すことを […]

部下の失礼な言動の理由を考えよう【今週のチャレンジ】

【今週のチャレンジ】 部下の失礼な言動の理由を考えよう 【取り組み】 現場の管理職からよく聞くのは、 失礼な若手社員が多いことです。 失礼な言動をされると多くの人が怒りを感じます。 しかし、怒りをそのまま相手にぶつけても 部下の言動も根本的な考えも変わりません。 怒りをぶつけないために 相手の失礼な言動の理由を考えましょう。 ・失礼なことだと知っているか ・相手が失礼を承知で使っているか 知らなか […]

上司のタイプを見極めよう【今週のチャレンジ】

【今週のチャレンジ】 上司のタイプを見極めよう 【取り組み】 部下がミスをした時 上司に報告または、相談する必要があります。 上司が、対応策を共に考え、承認し、 必要な支援をしてくれ、共に責任を負ってくれると良いのですが、 必ずしもそうとは限りません。 上司のタイプによって、どのような対応を採ればよいのか 変えなくてはいけません。 【解説】 真っ当な対応をしたことで 良い結果が得られないのを上司の […]

部下が前向きに取り組む合意形成を考えよう。【今週のチャレンジ】

【今週のチャレンジ】 部下が前向きに取り組む合意形成を考えよう。 【質問】 みんなで頑張ろう! この言葉は、よく使われる言葉ですが、 同調圧力をかけるものです。 有無を言わせぬ力があります。 このような合意の取り方は効果的なのでしょうか? 社員は前向きに取り組むでしょうか? 【解説】 職場でコンセンサスを得ることは大切です。 しかし、どんな方法で合意を形成するかによって、 さまざまな影響が出ます。 […]

今あるルールの意味を考えてみる。【今週のチャレンジ】

【今日のチャレンジ】 今あるルールの意味を考えてみる 【取り組み】 ルールと言われるものは、守らなければならないと考えると窮屈なものです。 そして、ルールに縛られ過ぎるとにっちもさっちもいかないことも現実には起こります。   いわゆる「臨機応変」ですがそこにも「現場力」が現れるものです。   社会、業界、社内には、ルールがあります。 経験から生まれたものがほとんどです。 窮屈でも「意味」はあります […]

部下とフェアに向き合うための5つのアクション【今週のチャレンジ】

今週のチャレンジ 部下とフェアに向き合うための5つのアクションを取り入れよう。 取り組み 部下の中には上司である管理職の接し方に不満を持っている人もいます。 部下とどのように向き合うと良いのでしょうか? 管理職も一人の人間です。好き嫌いもありますし、苦手な相手もいます。それは仕方がないことです。否定するよりは認める方が良いです。 開き直るとと、個人的な好き嫌いによる、えこひいきを正当化してしまいま […]

財務諸表を読めるようになろう【今週のチャレンジ】

今週のチャレンジ 働き方改革!情報の共有はどうするか考えよう。 取り組み 財務諸表は会社の成績表です。 最近は、一般の社員にも読めることを求めることが多くなっています。 財務諸表が理解できると、どのような活動や、日々のちょっとした判断が、会社の成績に、どのように影響しているのか、 何をすることが会社の利益に貢献することになるのかを、理解することができます。 解説 社員一人一人が、財務諸表を読め、日 […]

働き方改革!情報の共有はどうするか。【今週のチャレンジ】

今週のチャレンジ 働き方改革!情報の共有はどうするか考えよう。 取り組み 働き方改革への対応で必要と言われているのが複数の社員で1つの業務を行う仕組みです。 業務に関する情報の共有はどのようにすれば良いのでしょうか? まず必要なのが、何が必要な情報なのか選択することです。 必要な情報の種類を選択したら、次にその記録方法と、共有方法を決めなければなりません。 決めたら運用ですが日々現場の社員は、前に […]

情報との付き合い方について考えよう。【今週のチャレンジ】

情報との付き合い方

今日のチャレンジ 情報を「集める」ことが力だった時代から、情報と「うまく付き合う」ことが力の時代の情報との付き合い方について考えよう。 取り組み 「情報は出来るだけ捨てる」「情報をそのまま信じない」「情報の幅を意識して広げる」 解説 情報は、なくては困ります。かといって、情報がたくさんあれば良いわけでもありません。情報とうまく付き合って、今のビジネスと将来のビジネスに活かすことを積極的に身に付ける […]