2020年4月

1/2ページ

上司のタイプを見極めよう【今週のチャレンジ】

【今週のチャレンジ】 上司のタイプを見極めよう 【取り組み】 部下がミスをした時 上司に報告または、相談する必要があります。 上司が、対応策を共に考え、承認し、 必要な支援をしてくれ、共に責任を負ってくれると良いのですが、 必ずしもそうとは限りません。 上司のタイプによって、どのような対応を採ればよいのか 変えなくてはいけません。 【解説】 真っ当な対応をしたことで 良い結果が得られないのを上司の […]

昔とった杵柄

以前使っていたけれど、しばらく使っていなかったスキルを使う場面はあるものです。 そんな時、割りと上手くいったりします。 もちろん経験もなく、使いこなせたこともない人と比べると、役に立ちます。 以前出来ていたことは無駄ではないのです。 そして少し使えば勘が戻る感じはします。 そこに危険が隠れています。 使うと効果が出ることもありますが、長い間使っていなければ、錆び付いてしまうものです。 以前使いこな […]

引き出しは多い方が良いけれど

  スキルのレベルは、これらの要素を使いこなすレベルで決まると言えます。 頻繁に使う要素は、より早く、より正確に使えるかどうかでレベルを判断出来ます。 日常的に使うことが出来るので、レベルを維持したり、上げるのも、意識して取り組めば難しくありません。 ところがレベルアップには、時と場合によっては使うことのある要素を使いこなせることが必要になります。 言い方を変えると、引き出しの多さです。 スキルは […]

部下が前向きに取り組む合意形成を考えよう。【今週のチャレンジ】

【今週のチャレンジ】 部下が前向きに取り組む合意形成を考えよう。 【質問】 みんなで頑張ろう! この言葉は、よく使われる言葉ですが、 同調圧力をかけるものです。 有無を言わせぬ力があります。 このような合意の取り方は効果的なのでしょうか? 社員は前向きに取り組むでしょうか? 【解説】 職場でコンセンサスを得ることは大切です。 しかし、どんな方法で合意を形成するかによって、 さまざまな影響が出ます。 […]

今あるルールの意味を考えてみる。【今週のチャレンジ】

【今日のチャレンジ】 今あるルールの意味を考えてみる 【取り組み】 ルールと言われるものは、守らなければならないと考えると窮屈なものです。 そして、ルールに縛られ過ぎるとにっちもさっちもいかないことも現実には起こります。   いわゆる「臨機応変」ですがそこにも「現場力」が現れるものです。   社会、業界、社内には、ルールがあります。 経験から生まれたものがほとんどです。 窮屈でも「意味」はあります […]

苦手は本当?

人には苦手なことがあります。 スキルに関することでも、苦手なものがあると言う人が多いです。 苦手という言葉を他人に対して使う時、どんな意図があるのでしょうか? そのスキルを使わないといけないことは任せないで欲しい さらに、そのスキルを身に付けたり伸ばすことを望まないで欲しい ではないでしょうか? 本来スキルで苦手というのは、学び、努力したけれど、人並のレベルに到達出来なかった場合に使う言葉だと考え […]

スキルの組み合わせ

将来目指しているものがあれば、それに必要なスキルがあるはずです。 それらのスキルを身に付けるように取り組むことは大切です。 一方、今担当している仕事に必要なスキルもあるはずです。 そのスキルは、自分の目指すものに必要ではないかもしれません。そんな時、多くの人は本気で身に付けようとしないようです。 これは非常にもったいないことです。 給料をもらいながら学べて、スキルアップに必要な実践の機会も与えられ […]

目的を見失わない意識

スキルを身に付けるために勉強し、現場で試し、上手くいくとうれしいものです。 すると、スキルを向上させるのが楽しくなります。 スキル向上には、2つの方向性があります。それは、深さと幅です。 深さはスキルを使う上での判断や、スキルの正確性やスピードです。これは経験を積み、実践の度に振り返り、改善することから得られます。 一方、幅はスキルのバリエーションです。使う機会の少ないオプションであったり、応用例 […]

気を回し過ぎる部下の支援をしてみよう。【今週のチャレンジ】

【今日のチャレンジ】 気を回し過ぎる部下の支援をしてみよう。 【特徴】 気を回し過ぎる部下は汲み取っているつもりの相手の気持ちを汲み取る精度が低いのです、 【取り組み】 周囲の支えが必要です。行動するように励まし、行動した後の相手の反応から学ぶことを支援することが必要です。 【解説】 気を回し過ぎる部下は相手の気持ちを確かめために、相手の気持ちを読み取り、行動し、相手の反応を知る、という経験を積む […]

周囲の反発を買うスキルの使い方

ファシリテーションやコーチングなども ビジネスで有効なスキルです。 この2つは、滅私奉公、上意下達、精神論などが 通用しなくなっている時代に合った人材活用手法として 注目されているスキルです。 この2つに共通している期待出来る効果は、 関係者のやる気や知恵を引き出すことです。 この2つは、心理学と論理思考の組み合わせで出来ています。 言い換えると、頭と心と両方に働きかけます。 ところが、この2つの […]