2020年2月

情報との付き合い方について考えよう。【今週のチャレンジ】

情報との付き合い方

今日のチャレンジ 情報を「集める」ことが力だった時代から、情報と「うまく付き合う」ことが力の時代の情報との付き合い方について考えよう。 取り組み 「情報は出来るだけ捨てる」「情報をそのまま信じない」「情報の幅を意識して広げる」 解説 情報は、なくては困ります。かといって、情報がたくさんあれば良いわけでもありません。情報とうまく付き合って、今のビジネスと将来のビジネスに活かすことを積極的に身に付ける […]

スキル習得から逃げるのは向上心がない?

はらう犠牲よりも重要でしょうか?

スキルを身に付けるには、時間をかける必要があります。 集中力も必要ですし、さまざまな負担があります。 言い換えると、何らかの犠牲をはらわないといけません。 例えば、スキルの習得に必要な時間について考えてみます。 今他のことに使っている時間を短くするか、 していることを止めなくてはならないかもしれません。 他にしたいと思っていることを諦めなくてはならないかもしれません。 スキルを身に付けることをちゅ […]

「効果的」と「効率的」を区別しよう

当たり前のことをしっかり考えると何かに気付く機会になる。

どちらの言葉も、何かを行う機会に使うのですが、実際には、使う場面が違います。 「効果的」は、戦略や戦術に対して使い、「効率的」は、実行の場面で使います。 速く、ミスなく仕事をこなすことは、一般的に、日本人は得意です。つまり、「効率的」にこなす能力は、基本的に高いのです。 一方で「効果的」かどうかは、戦略や戦術、課題設定解決策の選択の影響が大きいのです。 そして、その決定には、現場の社員よりも経営者 […]

スキルアップには同志が役に立つ

刺激を与えあおう

スキルを磨く目的は、成果を出すことにあります。 スキルは成果をより効果的に、あるいは効率的に出すためにあるのです。 現実には、成果に影響を与える要因は数多くあります。 スキルを使いこなすには、 ・スキル自体を磨くこと ・使えるバリエーションを増やすこと ・どのバリエーションを使うかを判断することなどの応用力が必要です。 これらのレベルを保つだけでなく、 上げるには地道な取り組みを続ける必要がありま […]

成果から目をそらさない

定期的に確認しよう

継続的に何かを続けるには、忍耐や努力が必要と言われています。 しかし継続するには、取り組むことが楽しいか、 少なくとも苦でないと感じることが大切です。 実際、取り組みを続けている人は、 それを大変だと感じていない人が多いものです。 特に苦痛に感じずに続けています。 その一方、意識してしていることがあります。 効果は出ているのか? 成果につながっているのか? 言い方を変えると、 頑張っていることや、 […]

とにかく楽しむ

楽しみながら続ける方法をみつけるイメージ

最近は、さまざまなメソッドが開発されています。 スキルを学ぶメソッドも同じです。 基本的なことが出来るようになることと、理論的なことを学ぶまでは、楽になりました。しかし、本当の力、応用力をつけるのに、効果的なメソッドはないようです。 ビジネスのスキルは成果を出すためにあります。 そして、スキルを使う時の状況、環境、条件は毎回違います。 成果を出せるようにスキルを使いこなすには、経験を通して学ぶ積み […]

スキルを使う機会を得るために

スキルのレベルを計るバロメーターは、それによって得られる成果の違いです。 これは、以前ブログでも書いてきた、スキルは成果のためにあることからすると、当然のことです。 より多くのことを知っているとか、例えば検定のようなもので、高い資格を持っているかどうかも大切ですが、成果と比べると重要ではありません。   しかし、スキルを使う上では別の側面があります。 そのスキルを使う機会がなければ、成果 […]